品川区 築50年の雨漏り修理 セメント瓦取り直し

施工例

築50年のアパート2階天井部分からの雨漏りです。
割れやズレなどなく、セメント瓦自体の重なりや溝に相当砂がたまっている状態でした。
現調の結果、セメント瓦の溝を掃除し、下葺きを葺きなおす修理の御提案をさせていただきました。

作業は1日、瓦職人のHさんと二人で作業しました。


セメント瓦を棟からはずしていきます。


下葺きをはずした面に葺きます。


下葺きの上下をなおします。


セメント瓦は再使用します。


古い下葺きに水の流れている跡がはっきりわかります。


セメント瓦の溝をしっかり掃除して葺きなおします。


棟を再生して完成です。

後日、お客さまから
「施工後にあった爆弾低気圧(平成24年4月3日)の時にも雨は漏りませんでした。」
とのご報告を頂きました。